モビットとレイクの違い

キャッシングカードの利用を考えたときに、選択肢としてモビット、レイクを挙げる方は少なくありません。ですが、どこが違うのかよく分からない?金利も同じようなものだし、どっちを作っても同じかな?なんて方もいるかもしれませんね。ですが、この2つのカードローンには、大きな違いがあります。

それは、総量規制であるか否かです。モビットは消費者金融ですから、総量規制の対象となり年収の1/3を超える借り入れを行うことはできません。一方レイクは、正式名称が「新生銀行カードローン レイク」であるように銀行が発行するカードローンですから、総量規制の対象外で審査次第で年収の1/3を超える融資を受けることも可能です。

総量規制対象であるか?否か?という点は申込者の状況によってキャッシングを選ぶうえで大きなウェイトになってくることかもしれませんね。しかし、例えば、どちらを利用するにしても家族や勤め先の仲間に知られることなく内緒でカードローンを作りたい、という点だけは譲れない&必須条件であるというのであれば電話による在籍確認を行わず審査を進めてもらうことができ、また郵送物もないモビットの「WEB完結」が良いでしょう。というより、現在のところ電話連絡なし&郵送物なしでカードローンを利用できるのはモビットだけです。

ちなみに、モビット審査は総量規制の対象なので基本的に年収の1/3を超える借り入れはできませんが、おまとめローンとして利用したいなど借り入れ理由が例外貸付に該当する理由であれば年収の1/3を超える融資も可能な場合もあるので、相談してみると良いでしょう。